ソーシャルレンディングのリスクとは?

ソーシャルレンディングは個人の資金を企業や個人に貸し付けるものでして、お金を借りたい企業や個人がお金を貸してくれる人たちを一般大衆から、ネットを使って募集します。ただ仕組み的に借りる側は複数の人たちの相手をすることになり、融資を受けるときや返済の手間がかかる為、普通は間に運営会社を入れて、運営会社に貸し手を募集してもらい、集まった資金を運営会社が借り手に融資をします。返済も貸し手が運営会社に返済して、運営会社側から貸し手にお金を返済します。運営会社は融資の金利収入から手数料を引いて貸し手側に返済します。ただソーシャルレンディングにはリスクがあって、貸したお金が必ず返ってくるわけでは無いです。どんなリスクがあるかをこれから説明します。

お金を借りた企業が倒産や個人が破産してお金が戻らない

運営会社は借り手側を審査して借り手側の格付けを決めます。貸し手側はその運営会社側からの格付けや情報を元にお金を貸すか貸さないかを決めます。しかし運営会社の審査は絶対ではなく、融資をした後、返済が不能になって、貸したお金が戻ってこない場合があります。満期まで返済しない条件ならば、全額戻ってこないリスクがあります。融資の条件として担保を取っている場合は、担保を売却して融資分を回収しますが、全額回収できるとは限らずいくらか減額になります。法律で運営会社は借りる側を特定できる情報をできないようになっていて、貸す側は借り手の状態を知ることはできません。また途中で全額回収を要求することができなくて、借り手側が途中で全額返済しない限り、満期まで融資を続けなければならないです。

運営会社が適正な業務を行わないときがある

ソーシャルレンディングは運営会社を利用するのが一般的ですが、運営会社が悪質な場合があります。借り手側の企業が倒産して、担保を売却して融資金を回収する時に経費と称して、費用を多めにして、回収金額を減らしたりします。また貸し手側が、融資先を特定できないことをいいことに説明とは違う企業に融資をすることがあります。このとき融資をした企業が倒産した時に、条件では担保があるはずなのに違う企業でしかも担保を取っていないときは、回収不能になる場合があります。また運営会社自体の運転資金として利用される場合があり、この場合も運営会社が倒産した場合は、貸したお金が返ってこないリスクがあります。だからソーシャルレンディングを利用する時は、借り手側だけでなく運営会社も調べる必要があります。