ソーシャルレンディングのリスクを考える

ソーシャルレンディングとは、お金に余裕があり、誰かに貸したいと思っている人と、事業目的などがあってお金を必要としている人を、インターネット経由で結びつける新しい金融サービスの仕組みです。従来は、融資希望者は銀行などの店舗に実際に行って、銀行員に対して事業計画書や申込書などの書類を提出する必要がありました。それらの書類に記載している内容を銀行の融資担当者が確認し、稟議書を作成して、銀行内で承認が下りればローンが実行されるというプロセスを経なければなりませんでした。ソーシャルレンディングでは、借り手と貸し手の間に銀行員が入りませんので、お互いにとって時間やコストの削減になります。ただし、貸し手は融資の焦げ付きリスクを負うことになります。今回はそのリスクについて、ご説明します。

銀行預金とは違って貸し倒れリスクがある

昔は融資の仲介を行っていた銀行や銀行員がソーシャルレンディングの仕組みの中にはいませんので、銀行預金と違って当然のことながらお金が返ってこない可能性があります。銀行預金の場合、一定額まで元本保証が行われていますが、貸し手が借り手にインターネット経由で貸し出す仕組みですので、借り手が返済できなくなると、貸し手は困った状態に陥ります。原則として、無担保融資がほとんどですから、借り手に返済能力がなくなっても、貸し手は差し押さえなどができません。この点をよく理解してから取引を行わなければ、取り返しのつかないことになります。貸し手としては、当然高い利率で融資を行いたいと考えますが、優良な借り手ほど低い金利で資金調達が可能です。高い金利のローンは、貸し倒れる危険も高くなります。

具体的な投資先は不明で原則途中解約不可

ソーシャルレンディングでお金を貸す際のリスクとして、具体的な投資先がわからないことが多く、原則として途中で解約できない仕組みになっていることです。お金の貸し手は、借り手の信用情報やバックグランド、格付けなどの情報は確認が可能です。しかし、実際に融資した資金が、どのような案件に投資されるか、どのような事業に注入されるかという細かい点までは確認できないケースがほとんどになります。また、一度貸し付けたローンは途中で解約することが原則できません。銀行の定期預金などであれば、満期までに維持すれば受け取ることができる金利を放棄することで、途中解約に応じてくれるケースがありますが、融資の場合はこれができません。ですので、融資金額だけではなく、期間も良く確認する必要があります。

クラウドファンディングにご興味のある方はぜひみんなのクレジットへ。 インターネットのつながる環境でしたらすぐに簡単口座登録ができます。 法人向けの不動産や飲食店などの融資にご興味のある方はこちら。 事業資金の運用や投資のご提案をさせていただきます。 ソーシャルトレーディングをお考えの方はお気軽にお問い合わせください。 ソーシャルレンディングのリスクについてはこちら